手刻みの準備に。

これからF様邸の工事に掛かります。近年は柱や土台といった構造材はプレカット(機械自動加工機)によって接合部分の加工が行われることが多くなっていますがF様は手刻みによる加工で進めて参ります。  手刻みによる加工は昔から板図と言って板に図面を書き柱や土台に墨付けをしていきます。こうした作業は熟練した職人でしかできないものですが「木の香」では若い大工もみな先輩から習い匠として技術を継承しています。     茶木

DSCN4706

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn