枠の内 加工します。

2014年4月3日 作業場ではF様邸、枠の内の材料の加工が始まりました。 今回の枠の内はF様から支給頂いた材料を加工していくものです。持ち込まれた材料は以前も枠の内として組まれていた大変立派な欅材です。     茶木

DSCN4781稲崎大工

DSCN4767木下芹香大工

DSCN4771埋め木した部分はくさびで固定します。

DSCN4769DSCN4776ほぞの部分は新しく古材に継ぎ足します。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn