制震ダンパー「ミライエ」を採用 Vol.1

2014年4月8日 住友ゴム社製 制震ダンパー「ミライエ」を採用しました。建築物にとって地震に備え必要なものとは「耐震性能」。この耐震性能に付けくわえることが出来るのが「制震性能」です。「耐震性能」は建物全体の壁を耐力壁を用いて固める考え方ですが、大きな地震の後、何度となく発生する余震で家は少しずつ破損被害が大きくなります。そこで「制震性能」高減衰ゴムの採用で余震に対して揺れ幅を少なくするシステムです。これによって住宅の破損被害を最小限に抑えることが出来ます。            今後「ミライエ」の施工は数回に分けてお見せしていきたいと思います。         茶木

DSCN4797  DSCN4796

「ミライエ」は基礎構造からの連結になります。アンカーボルトで接合するため取り付けるを確認します。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn