蔵 その②

2014年5月13日 蔵の足場工事が終わり既存の外壁トタンを剥がす作業に入ります。

DSCN5236DSCN5246トタン壁が剥がされると昔の土壁が現れました。写真建物の右上(右の2階部分)が三角に黒づいています。この部分は隣接している古民家「野の家」と昔は繋がっていた部分です。屋根の三角形がハッキリ付いています。当時の家主さんの話では古民家と蔵の間に台所と囲炉裏があったとの事。きっと長年の生活で囲炉裏で燻されてススがついているですね。 とても興味深いものがあります。     茶木

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn