滋賀県近江八幡「小舟木エコ村」 視察研修旅行

滋賀県、近江八幡市「小舟木エコ村」研修視察旅行に行ってきました。環境共生型住宅の促進を軸に372戸の住宅が一つの森を形成。水、食べ物、エネルギー、そこに住む人たちの知恵、暮らしにたいせつなものは自分たちで作りだすをコンセプトにつくられたエコ村です。「自然室温で暮らす家」を提唱してきた木の香の思想と同じような感覚。「ちょっとだけスローライフ」な住宅団地でした(^-^)  茶木

見学棟でエコ村の概要を伺いました。手前の車は電気自動車。住民みんなでカーシェアするそうです(^-^)

家の中心には町家のような土間があり風が通り抜けるものになっています。そこを挟んで解り難いですが右が畳の部屋。夏は気持ち良さそうです。

暖かな冬の日差しはテラスから取り入れる設計。手前の広葉樹は葉が落ちて日差しは十分にテラスに注ぎます。

      住民共同の畑です。奥には農作業用の機械や道具が収納されています。

ちょうど、幼稚園バスの送迎時間。大きな木の下でママさん達が秋晴れのなか子供たちの帰りを待っておられました。この村にお住まいされてとても楽しそうな感じが伝わってきます(*^_^*)

         バスで移動し「クラブ ハリエ」有名な生バームクーヘンのお店に(^-^)

            屋根は芝が植えられてすごく斬新で驚きの建物です。

2日目は彦根、近江商人の街を視察。「売り手良し。買い手良し。世間良し。」の三方よし。私たち住宅に携わる者として「作り手良し、住まい手良し、環境に良し」と言ったところでしょうか(^-^)

                 瓦焼き体験させて頂きました(^-^)

左はWB工法寺島副社長、中央はファーストホーム盛永さん、左は前川です。何やらビールジョッキらしいです^_^;

              僕はごはん茶碗です(*^_^*)愛用していきます!

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn