野の家の外壁は・・・

野の家の現状の外壁ですが白い壁の部分、板金が貼られていました。 その板金をはぐると予想通り、「漆喰壁」が出てきました。 きっとメンテナンスが大変だからか?板金で囲ってしまっていたんですね。  またもう一つの発見、漆喰壁のほかにも腰部分には杉の板が腰壁に貼られていました。

DSCN3718藁と竹、土で下地がされていることがわかります。

DSCN3719DSCN3723横に幅広3枚の板が貼ってありますが当時の外壁としてごくごく一般的な杉板の鎧張りが貼られています。

DSCN3721壁に描いた「らくがき」まで出てきました!たぶん当時は相当怒られたんでしょうね・・・(T_T)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn